ホーム

メルガッソにおけるアルヴァリーニョワインのパイオニアであり、世界において同品種のワインを代表する生産者でもあるソアリェイロは、周囲を取り巻く典型的なミーニョ地方の景観にすっかり溶け込んでいる。70年代(1974年)、ブドウづくりへの情熱に突き動かされたジョアン・アントニオ・セルデイラが、その父、アントニオ・エステヴス・フェレイラの支援を得て最初のアルヴァリーニョを植え、1982年、メルガッソで初、モンサォン・メルガッソ副地方でも最初のひとつとなる、アルヴァリーニョブランドを立ち上げるに至った。

ロケーションは、アルヴァリーニョの果実の理想的な成熟に必要な条件を生み出す山脈の連なりに守られた、メルガッソ(ポルトガル最北端)。ここのアルヴァリーニョは、特別だ。ブドウがベストな状態で熟するのに必要な、降雨量、気温、日照時間といった条件を生み出す一連の山々に保護されているのだから。我々をときめかせる、その活気に満ちたエレガントな表現を、気に入っていただければ幸甚である。

最新ニュース