Allo - Alvarinho & Loureiro 2014

The grapes come from vineyards of Alvarinho and Loureiro located in its terroir of excellence, respectively the valley of the Minho and Lima river planted in the soil of granite origin.

2014 is a classic with a precise profile, aromatic sobriety and great elegance of taste, with a perfect balance between the minerality and the passionate flavor. The climatic conditions of 2014 allowed a very elegant aroma, mineral and tropical, with a good balance of taste, fresh and intense, anticipating a good ability to evolution in the bottle. The moderate temperatures during maturation (July and August) favoured the aromatic concentration and moderate alcohol levels associated with a well-balanced acidity in the grapes. As usual we harvest soon in September to maintain freshness in the Loureiro and in the Alvarinho grapes and this strategy has been very important in this particular vintage, because of the rain that occurred in the end of the month and October.

生産者
ソアリェイロ
地方
ミーニョ
醸造

ブドウは、アルヴァリーニョとロウレイロのみを少容量のケースを用いて手摘みで収穫する。プレス後、ブドウ液を48時間デキャンタージュし、続いて温度管理した環境で事前にセレクトした酵母を用いて発酵させる。ワインを安定させてからボトリングし、瓶内で熟成を行う。

品種
アルヴァリーニョ, ロウレイロ
アルコール度数 (%)
11
pH
3.3
総酸 (g/dm3)
5.9
揮発酸 (g/dm3)
0.26
{ 数値は指標です }
テイスティングノート

レモンイエローの色調、エレガントでミネラリティ豊かなアロマ。トロピカルフルーツとストラクチャーに富むアルヴァリーニョが、フローラルでエレガンスに満ちたロウレイロとコントラストを成し、アルコール度数11%にして比類なきバランスを有する白ワインに仕上がっている。アローは活気に満ちた白ワインであり、アロマのスタイル、清涼感、やや低めのアルコール度数による、独自のバランスを要求するのだ。アルヴァリーニョはストラクチャーをもたらし、ロウレイロはアロマに個性を与えている。

ペアリングの提案

アペリティフに、あるいは、シーフード、魚料理、鶏肉料理に合わせて。

関連ニュース